楽天モバイル、ホームルーターの料金設定が高すぎるせいで「Rakuten UN-LIMIT」の値上げの噂が沸き起こる

楽天モバイル 通信
記事内に広告が含まれています。

1年以上前から発売されると噂があった楽天モバイルのホームルーターが発表されましたね

それ自体は驚くほどではなく「やっとでるのか」という話なのですが、驚いたのはホームルーター専用プランの月額料金でした

高い!

契約から3年間は「月額3685円」4年目からは「月額4840円」

誰もが思うでしょう「これならドコモのhome 5Gでいいじゃないか」と

Rakuten UN-LIMITの値上げの予兆なのでは…

通常、設置住所が固定されているホームルーターよりも、どこでも自由に使える料金プランの方がお高めに設定されることが多いわけですが、その理屈でいくと通信無制限のRakuten UN-LIMITも値上げされるのではないかという懸念が浮上しています

予想される新料金プラン

現状の楽天モバイルは、大きな損失を出し続けているため、収入が増える改正を行わないと効果がありません

そのため、Rakuten UN-LIMITの料金を据え置いて、制限をかける方向で調整するとは考えづらいです

いわゆる客単価、ARPUを上げる方策をとると思われます

個人的な予想

元々想定していたワンプラン月額2980円(税別)というプランに一本化

この時点では、通信無制限で月額2980円(税別)というサービス開始時に想定していた料金に戻します

次にホームルータープランのサービス開始時のユーザーが4年目に入る前になると思うのですが

月額2980円(税別)100GBまで

月額3980円(税別)200GBまで

月額4980円(税別)200GB以上

というような段階制プランに移行するという予想です

「月額2980円(税別)100GBまで」というのは、実はahamoの大盛りよりもずっと安いのでエリアの穴が埋まりさえすれば、十分戦える価格です(もっともエリアが問題なわけですが…)

場合によっては、ワンプラン月額2980円(税別)というプランへの一本化を挟まずに一気に段階制プランへの移行も十分あり得るかと思っています

4Gのエリア拡充も重要なのですが、ホームルーターについては5Gエリアの展開速度が勝負の分かれ目ではないかと感じています

Rakuten UN-LIMITを市販のホームルーターへ挿した方がマシという声多数

ピクセラ「PIX-RT100」

ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルの4キャリアに対応したLTE対応SIMフリーホームルーターです。

私も現在楽天モバイルを固定回線として代替しているのですが、スマートフォンと接続して使えるトラベルルーターを使用しています。

この構成には少し問題が合って、私が在宅していないタイミングで不具合が発生すると再起動後の設定が少々面倒くさいということです。(実際にはそれほどの手間はないのですが、説明しても覚えてもらえていない)

こういった製品なら電源をオンオフするだけで再起動することができるのが強みです。

周波数バンドの固定にもしっかり対応

楽天モバイルの自社回線は「バンド3の1.7GHz」に対応していますが、ローミング先のau回線は「バンド18の800MHz」です。

固定回線として利用したい場合には、楽天モバイルの自社回線「バンド3の1.7GHz」にのみ対応させたいんです。

「PIX-RT100」は接続周波数のバンドを固定する設定が用意されています。

PIX-RT100周波数バンド固定設定画面

楽天モバイルの自社回線にのみ接続するように設定するには「LTE Band選択」「Band3」を選択するだけです。

SIMスロットは標準サイズ

すでに利用中のnanoサイズのSIMカードを転用する場合には、変換アダプタが必要です。

(これから楽天モバイルの契約をする場合にはマルチカットになっているので標準サイズで切り取れば問題ありません)

私の場合、nanoサイズを変換する場合にアダプタとSIMカードを小さめにカットした両面テープで固定しています。以前アダプタがずれてしまったことがあります。

Wi-Fiの5GHz帯は初期設定ではオフ

なぜ?と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、Wi-Fiの5GHz帯は屋外では使用できない周波数なので誤って使用しないようにオフになっています。

屋内での使用ならオンにして問題ありません。

オンラインショップ

Bitly
楽天モバイル
楽天モバイル公式。料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」はおトクなワンプラン!どれだけ使っても月々2,980円(税込3,278円)使わない月はドンドン安くなる!楽天市場でのお買い物がポイント最大16倍や、Rakuten Li...

(追記)実際に買ってみました

Amazonのレビューではスマホのテザリングの方が速いという書き込みがあったので気になりつつ購入してみたところ、案の定「スマホのテザリングの方が速い」という結果でした。(これに関しては環境も左右する可能性がありますので参考までになさってください)

そこで昔から界隈で有名なステンレスボウルをパラボラアンテナのように使う通称ボウルリフレクターを設置してみました。(100均で売っています)

ボウルリフレクターの有効性について

そこそこ効果があったので見た目は気にせず、このスタイルでやっていこうと思います。(作業場で使うのでいいですが、自宅だとちょっと無理かも)

定時セルフリブートがいいよ!

任意の時間に自動的に再起動してくれる設定があります。

深夜に設定してみました。たぶん一日に一回再起動してくれれば不調になりにくいと思います。

二台目の「PIX-RT100」を買いました

一台目の「PIX-RT100」は仕事場用でした。

二台目は自宅用として「PIX-RT100」を追加購入しました

というのは『「楽天UN-LIMIT」の一日10GB制限が撤廃されたらしい』という情報が入った頃から、どの時間帯も全体的に通信速度が上がったことがきっかです。

「PIX-RT100」の通信速度がスマホのテザリングよりも遅いといっても、実用的な速度がでるようになりましたので、自宅用に購入することにしたわけです。

「PIX-RT100」とwifi中継器の相性が悪い

なぜなのか、理由はまったくわからないのですが、「PIX-RT100」とwifi中継器との相性が悪いです。(通信速度が遅かったり、パケ詰まりような症状が起こります。)

念のため、元々利用していたwifi中継器だけでなくwifiルーターを中継器モード(レピーターモード)で試したのですが、同じ結果でした。

そこで構成としては無駄になりますが、wifiルーターをAPモードで「PIX-RT100」と接続し、wifiルーターを中継することで解決しました。

そこそこ通信速度が確保されているので、私の知識では「相性が悪い」としか言えません…

メッシュwifiを導入したら絶好調です!

タイトルとURLをコピーしました