無料(or安価)のMSオフィス互換アプリを使おう!

通信・ガジェット

意外と高いマイクロソフトオフィス問題ですが、環境によっては、無料のサービスでいけるかも?

オフィス互換アプリケーション

無料

Googleドキュメント:ブラウザで利用するお馴染みのGoogleのサービス。スマホアプリもあり。ドキュメント(文書)スプレッドシート(表計算)スライド(プレゼン)。

Open Office:ローカルにインストールして利用する。Writer(文書)Calc(表計算)Impress(プレゼン)Draw(図形描画)Base(データベース)Math(数式エディタ)。個人的にはデータベースがあるのが大きな利点だと思っています。

Libre Office:Open Officeから派生したアプリ。基本的な構成はOpen Officeと同様ですが、MSオフィスとの互換性が高いという評価です。

安価

Thinkfree Office NEO 7:韓国のHancom製。日本での販売はソースネクスト。文書、表計算、プレゼン。個人的には、データベースがないのが痛い。

WPS Office:中国のキングソフト製。 文書、表計算、プレゼン。 やはりデータベースはない。

WPSにクラウド版がでました。有料版だと半年払い(2520円税込)年払い(4560円税込)があります。一月当たり400円程度です。有料版の場合は、デスクトップアプリ版も利用できるので、サブスク的な要素も兼ね備えています。

取引先との関係でどうしてもMS製というケース

弊社では、取引先との関係で、どうしてもマイクロソフト純正のアプリケーションが必要なのでサブスクの「Microsoft 365 Personal」を自動更新しないで、Amazonのオンラインコード(1年分)を購入して利用しています。Amazonだとほんの少しだけ安いのです。

ちなみに日本の 「Microsoft 365 Personal」 は商用利用OKです。

タイトルとURLをコピーしました